今屋クリーンズ・高島平少年野球連盟高島平新聞社杯《令和2年春季大会》

 2月22日、旧高島七小校庭で開会式が行われ、高島平イーグルスAチーム主将・神村将太郎君の選手宣誓で開幕した令和2年春季大会。 Aクラス7チーム、Bクラス4チームの計11チームが参加した。





A・Bともにエイトが制覇

《Aクラス決勝戦》
○高島平ブラザーズ対高島エイト
 先攻はブラザーズ。初回、一死後に2番・長田君が遊ゴロ失策で二塁まで進み、3番・関本君の中前安打で三塁へ。しかし後続が倒れ無得点だった。
 エイトはその裏、2番・石田君、3番・竹浦君、5番・小久保君、6番・山田君の二塁打で効率よく得点を挙げ4点を先制した。
 2・3回、両チーム無得点で迎えた4回、ブラザーズの攻撃が三者凡退に終わると、裏の攻撃でエイトがたたみかけてきた。
 この回先頭の9番・田中君が左前打、続く1番・笠間君は手堅く犠打で走者を送るも、相手のエラーを誘い自身も生きる。そして石田君、竹浦君、4番・齊藤君の連続安打、再び打席が回ってきた田中君も安打を放ち大量6点挙げ、4回コールドでゲームセット。投手の齊藤君は57球2安打完封の素晴らしいピッチングを見せた。
 堅守に加え走・攻も隙のない試合を展開したエイトがAクラスの頂点に立った。


《Aクラス3位決定戦》
○高島平セブンスターズ対仲蓮根ジュニア
 初回、先攻のセブンスターズは無得点。その裏ジュニアは先頭の島田君がライトゴロ失策の間に二塁まで進塁。一ゴロ、遊ゴロでホームにかえり1点を先制する。
 2回は両チーム無得点で迎えた3回表、セブンスターズは一死後、1番・田阜Nが中前打で出塁し続く2番・加藤君も四球を選んだ。盗塁で二・三塁とすると暴投、失策がらみで2点を挙げ逆転に成功する。
 しかしその裏、ジュニアは四球で出塁した島田君を三塁に置き、3番・阪口君が中越2点本塁打を放って逆転。
 これが決勝点となり、ジュニアが3位をもぎ取った。


《Bクラス決勝戦》
○高島平ジャガーズ対高島エイト
 初回、先攻のジャガーズは三者凡退。その裏エイトは先頭の岩佐君が二塁打で出塁するも、続く2番・栗栖くんの当たりは投直で併殺となり先制の機会を逸した。
 しかし2回裏、遊ゴロ失策で4番・小久保君が出塁し三盗の際の捕手からの送球がエラーとなり1点を先制。
 3回表ジャガーズは一死後に四球と死球、内野安打で満塁。3番・田村君の右飛を相手が失策、1点を返し同点とする。
 すかさずその裏、エイトは四球で出塁の8番・関君が二盗。三盗への送球が逸れ、そのままホームへかえった。その後岩佐君の中前打、3番・石黒君の左中間打でさらに一点を加え逆転。
 続く4回表、ジャガーズも4番・川田君が安打で出塁し盗塁などで三塁まで進む。5番・新島君の遊ゴロの野選で1点を返す。
 しかしその裏、エイトはこの回先頭の6番・平野君の左前打を皮切りに4四球、犠打、走塁を絡めた攻撃で5点を挙げジャガーズを突き放す。
 5回表、ジャガーズも死球の走者がボーク、捕逸、暴投で生還し1点を返し食い下がるが反撃もここまで。
 エイトは勝負所でしっかりと得点を重ね、前大会に続き優勝を飾った。


《Bクラス3位決定戦》
○高島ファイヤーフライ対高島平ブラザーズ
 1、2回はともに無得点。3回裏、ブラザーズは一死後3四死球で満塁のチャンスを迎え、相手の失策と捕逸、暴投など、ノーヒットで3点を先制した。
 続く4回表、ファイヤーフライは二死後に4番・簗瀬君が中前二塁打を放つも得点には結びつかない。その裏ブラザーズは5番・荒岡君が振り逃げで出塁すると、盗塁、捕逸、6番・渡邊君の三ゴロの間にホームを踏んだ。三ゴロは悪送球となり渡邊君は生き、盗塁などの後8番・東君の三遊間ゴロで生還しこの回2点を加えた。
 5回表、ファイヤーフライも3連続四球で無死満塁のチャンスを迎えるがあと1本が出ず、得点には至らなかった。
 ブラザーズはその裏もこの回先頭の1番・櫻庭君、2番・志田原君の連続二塁打、一死後に荒岡君も二塁打を放ち2点を挙げ、5回コールドでブラザーズが勝利を収めた。


ページトップへ戻る

《大会結果》
【Aクラス】【Bクラス】
優 勝:高島エイト
準優勝:高島平ブラザーズ
3位:仲蓮根ジュニア
優 勝:高島エイト
準優勝:高島平ジャガーズ
3位:高島平ブラザーズ



《選手たちの熱闘》
 
  

《閉会式》

  
 

●個人賞ほか(敬称略)●
<Aクラス>

▽最優秀選手賞:高島エイト・齋藤広貴


▽がんばりま賞:高島平イーグルス

<Bクラス>

▽最優秀選手賞:高島エイト・平野翔斗

  




Aクラス優勝 高島エイト


Aクラス準優勝 高島平ブラザーズ


Aクラス3位 仲蓮根ジュニア


Bクラス優勝 高島エイト


Bクラス準優勝 高島平ジャガーズ


Bクラス3位 高島平ブラザーズ

ページトップへ戻る